シンクライアント端末を導入するならここで!

TOP > シンクライアント端末の情報 > 今シンクライアント端末はどうなっているか

今シンクライアント端末はどうなっているか

 世間で普通に使われ出したシンクライアント端末という言葉を聞き慣れない人は、少しだけ勉強してみましょう。
 シンクライアントというのは、クライアント端末の機能を最小限にして、後はサーバーで処理をする仕組みを指します。
 聞き慣れないのは当然で、これはThinとClientの造語です。
 ユーザーサイドが端末に持つ機能はとても少なく、処理は大きなサーバー任せというのがこの考え方で、実は1990年代から使われ出したもの。
 処理はサーバー側で行い、画面だけがクライアント端末に転送される仕組みになっています。
 手元の端末にはデータを一切保持しないことから情報漏えい防止に大変効果があるとされ、企業から注目を集めているのです。
 徐々に形を変えて来たシンクライアントを取り巻く環境は、今どのような状況になっているのでしょうか。
 

 シンクライアントには、1台のサーバーに複数のシンクライアント端末を集約するタイプと、端末ごとに機器を追加していくタイプがあります。
 集約タイプには複数のクライアントがサーバー上でアプリを共用するプレゼンテーション型と、独立環境の仮想PC型とがあります。
 プレゼンテーション型は一番オーソドックスで、サーバー上でアプリを稼働させ、それをクライアント端末で共有する方式です。
 クライアント端末で処理するのは入力情報の転送、そしてサーバーから受け取る画面情報の転送だけ。
 コストパフォーマンスが非常に高い方式です。
 仮想PC型は、1台のサーバー上に複数台分のデスクトップを仮想で集約する方式。
 ユーザーは、サーバー内にある仮想デスクトップにアクセスして使うイメージです。
 どこに接続されるかは自動振り分けになります。
 集約されているにも関わらず、環境は独立性が保たれるのが特徴で、サーバー側の管理性とユーザー側の利便性を両立させた形。
 ただ高性能なストレージが必要なので、コストが上がりライセンス形態も割高になる傾向があります。
 

 端末ごとに物理機器を追加していくタイプは、ネットブート型と、ブレードPC型があります。
 ネットブート型は、サーバー上に保存されているイメージファイルを使ってOSやアプリを使えるため、通常のPCを使う感覚とあまり変わりません。
 長期保存が必要なデータは、ネットワークストレージなどにネット経由で保存も出来ます。
 ただ、サーバー側はOS管理が容易とは言え、各ユーザーが別々のアプリを使い出すとイメージファイルが膨大に必要となり、管理が煩雑に。
 クライアント数に応じてネットワーク帯域とサーバー数を確保するのも、またコスト高になります。
 ブレードPC型は、サーバーのクライアント版をPCごとに動作させるので、専用のハードウェアが端末ごとに割り当てられます。
 グラフィック性能を求めるような場合にパフォーマンスが高いのですが、ハードウェアの台数が必要になるのがネック。
 ハードウェア自体も高額なのでコスト高になり、提供メーカーが少ないといういうのも今のところデメリットでしょう。
 

次の記事へ

PAGE TOP