シンクライアント端末を導入するならここで!

TOP > シンクライアント端末の情報 > シンクライアント端末は必要最低限の機能を搭載してるパソコン

シンクライアント端末は必要最低限の機能を搭載してるパソコン

 現在オフィスで設定されているネットワーク環境はほとんどファットクライアントで構成されています。
 ファットクライアントはOS上にアプリケーションをインストールして自分の席でパソコンをすることです。
 シンクライアント端末は必要最低限の機能を搭載したパソコンのことです。
 シンクライアントとは従来パソコンが搭載しているOSやアプリケーションをサーバーで管理・運用しているシステム環境です。
 シンクライアント端末はシステム環境で利用されているデバイスです。
 シンクライアントとデスクトップ仮想化は同一とされていますが、実は違っていてデスクトップ仮想化はシンクライアントの実装方式のひとつです。
 シンクライアントの実装方式はネットブート型と画面転送型に分けることができます。
 ネットブート型はディスクレスパソコンを使ってサーバー上に管理しているOSのイメージファイルを読み取って使っているため、画面の転送はせずにサーバー側でシンクライアント端末を制御しています。
 

 ユーザーごとにリソースを使うことができるためOSを搭載しているパソコンに近いパフォーマンスで使うことができます。
 デメリットは使うアプリケーションがユーザーごと違っているとイメージファイルを用意する必要があるため管理・運用に手間がかかります。
 画面転送型はさらにSBC方式とブレードPC方式、仮想デスクトップ方式の3つに分けることができます。
 SBC方式はサーバーOS上でアプリケーションを稼働されてクライアント端末に画面を転送します。
 クライアント端末はキーボードとマウスそして画面表示のみが必要でコスト負担の軽減が可能になります。
 クライアントアプリケーションは仮想させることになるため、アプリケーションの動作確認が必要になります。
 ブレードPCはブレードサーバーをデータセンターなどに設置して、ブレードPCごとにクライアントOSを稼働させていきます。
 

 クライアントPCはRDPに紐付してブレードPCを稼働させてデスクトップ環境が使うことができます。
 クライアントPCごとにブレードPCが割り当てられるためパフォーマンスが高く、CADなどにも利用することができます。
 デメリットはユーザーが増えるとブレードPCを増やしていく必要があります。
 一般的なクライアントPCよりコストがかかり費用負担がかかってしまう可能性があります。
 仮想化デスクトップ方式はサーバー1台に複数のユーザーが環境を構築しています。
 サーバーを共有していますが1人1台仮想パソコンを使うことができます。
 シンクライアント実装方式の中では一番バランスがよく、数多くの企業が仮想デスクトップ方式を導入しています。
 ゼロクライアントはシンクライアント端末のひとつです。
 一般的なシンクライアント端末は汎用タイプのオペレーティングシステムを使っています。
 ゼロクライアント端末はオペレーティングシステムやハードディスクは搭載していません。
 ネットワーク接続とディスプレイ出力、キーボードとマウスだけの端末で、仮想デスクトップ環境にアクセスするためのデバイスです。
 ゼロクライアントの導入・運用はコスト削減をすることができ、セキュリティー面も安心です。
 

次の記事へ

PAGE TOP