シンクライアント端末を導入するならここで!

TOP > シンクライアント端末の情報 > シンクライアント端末の全般的な概要

シンクライアント端末の全般的な概要

 ここで言う、シンクライアント端末自体は、何らかの仕様からなるコンピューター端末本体を使用しているユーザーの方が実際に使用している端末本体でのデータ処理などを、なるだけ必要最小限度にのみさせるようにして、その代わり、マザーコンピューターであるサーバー側へほとんどの処理をさせていく仕様の、アーキテクチャー全般の事を指します。
 つまり、分かりやすい例で言えば、自宅や小規模な事業者の事務所オフィスなどに開通設置がなされている、固定電話回線などを使用した光回線を通じた、ホームゲートウェイ(マザーコンピューターにあたります)とPC端末本体との関係性などが、この典型例です。
 PC端末本体の持ち主である家人あるいは事業主の方であるユーザーさん本人側としては、データの読み込みのほとんどを、ホームゲートウェイであるサーバー側がやってくれる仕様に確かになっていますので、これを想像してみると分かります。
 

 それでは、PC端末本体やモバイル機器類本体の側では、何の役割なども果たしたりはしていないのか、そういった疑問を持たれたりされる方もおられるはずです。
 しかしきちんと、ユーザーさん本人が所持して普段使用している端末本体自体も大変大事な役割を果たしていますので、何の心配も要りません。
 実は、PC端末本体でのドライブや外付けHDD(ハードディスク)、モバイル端末のAndroidOSでのSIMカードなどは、サーバー側で処理をしたデータの保存を行うといった、とても大事な役目を果たしています。
 iOSの場合、本体内蔵のHDDへデータ保存を行います。
 もちろん手動でデータ保存のためのバックアップ作業などが必要な場合もあったりしますが、モバイル端末の場合には定期的にバックアップの自動設定なども可能ですので、とても安心です。
 

 以上のこれまでの書かれてきた内容からして、シンクライアント端末自体が、普段大抵の方が利用をされているコンピューター端末類全般を指す事がお分かりになられた事と思います。
 実はこうした、普段自分達が使用している普通の端末機器類本体の事ですので、特に難しく考えたりするような事はありません。
 それ故に、各種端末本体を扱うその所有者本人であるユーザーさんを、過重なデータ処理作業などから守るといった重要な役目も、サーバーなどが果たしている面もありますので、こうした点でも大変ありがたいところがあります。
 また、よく屋外や店舗内、ホテル内などにあるWi-Fiスポットなども、実は自宅内や社内オフィス内などにあるサーバーと同じ役割を果たしています。
 このおかげでモバイル端末を操作する際も、余計なデータ処理作業をしなくて済みますので、こうした面でも、シンクライアント端末としての役割をモバイル端末も果たしている事が理解出来ます。
 このように、シンクライアント端末は、ごく身近に多く存在していて、重要な役割を果たしています。
 

PAGE TOP