シンクライアント端末を導入するならここで!

TOP > シンクライアント端末の情報 > シンクライアントとシンクライアント端末について

シンクライアントとシンクライアント端末について

 機密情報保持、個人情報保護、セキュリティー対策などの観点から、シンクライアントを取り入れる企業が増えてきました。
 システム全体を効率よく運用・管理できることから注目が高まっています。
 運用効率が飛躍的に向上するシンクライアントとは、一体どんなものなのでしょうか。
 従来、企業で業務処理に使う端末は、それぞれの使用者ごとに割り当てられていました。
 各端末が独立してデータの保存や業務処理、OSの更新などを行うため、情報の取り扱いやセキュリティー対策に伴う膨大な作業、作業漏れなどが問題となっていました。
 ファイル共有ソフトを原因とする情報漏えい事件は枚挙にいとまがありません。
 また、端末にはある程度のスペックが求められるため、老朽化による入れ替えでは導入費用が非常に高額になることもありました。
 

 これに対し、シンクライアントではすべての処理をサーバーで一元管理します。
 仮想化技術を活用し、サーバー上で各個人用の業務端末に値する仮想端末を作ります。
 一方、使用者にはシンクライアント端末という、必要最低限の機能を持った物理端末が割り当てられます。
 各使用者はシンクライアント端末から仮想端末にアクセスして作業を進めますが、OS起動をはじめとする全ての処理はサーバー上で行われ、シンクライアント端末はその画面表示のみ行います。
 シンクライアント端末には一切情報が保存されないため、例えば急に電源が落ちたとしてもデータが破損する心配はありません。
 万が一端末自体が盗まれたとしても、情報漏えいのリスクもありません。
 さらに、情報をどう扱ったかをサーバー管理者が確認できるため、データ持ち出しのリスクも低減されます。
 

 運用面でもメリットがあります。
 一般的に一台のサーバー上で作成できる仮想端末は数百台以上に及びます。
 予備端末やテスト用端末も複数台持つことができるようになるのです。
 セキュリティ・プログラムの更新が必要な場合も、全ての仮想端末を対象にし、ボタン一つで自動で行うことができるため対策漏れも発生しません。
 設置スペースもかなり少なくて済むので、オフィス全体のレイアウト効率化にもつながります。
 このようにシンクライアントには多くのメリットがあります。
 必要とする業務端末の台数、処理スピード、採用する仮想化技術などで初期導入費用が異なります。
 これに連動してシンクライアント端末に求められるスペックも変動するでしょう。
 導入を決めたら、トータルで見積もりを取って比較・検討することをお勧めします。
 

次の記事へ

PAGE TOP