風俗営業許可の種類とふたつの要件

風俗営業許可とは、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律の第二条にある8種類のお店を営業する場合、公安委員会に申請し、その許可を受けなければなりません。それを風俗営業許可と言います。風俗と言うと、性的なサービスのお店のイメージですが、ここで言う8種類のお店は性風俗の事ではありません。ではどんなものか、風俗営業許可が必要な8種類のお店の形態を説明します。まず1号営業と言われている区分に属するものは、キャバレーや大規模のショーパブなどです。


客にダンスをさせ、かつ、客を接待をして飲食させる営業がそれにあたります。2号営業はクラブ、パブ、スナック、料亭などの事で、客を接待して客に遊興又は飲食をさせる営業の事です。3号営業はナイトクラブ、ディスコなどの事で、客にダンスをさせ、かつ、客に飲食をさせる営業です。4号営業はダンスホールなどの事で、施設を設けて客にダンスをさせる営業、この場合、正規にダンスを教授する資格のある者が行うダンス教室などは対象外になるようです。5号営業は喫茶店、バーなどで、客に飲食させる営業で照度が10ルクス以下として営業するもの。6号営業は喫茶店、バーなどで、客に飲食させる営業で、他から見通す事が困難であり、広さが5平方メートル以下である客席を設けて営業するもの。7号営業は麻雀屋、パチンコ店などで、客の射幸心をそそる恐れのある遊戯をさせる営業の事です。


8号営業はゲームセンターなどで、スロットマシーン、テレビゲーム機等を設置し、客に遊戯させる営業の事です。以上が8種類の営業形態になります。この内1号から6号までは接待飲食等営業と定義されています。キャバクラやホストクラブなどもこれに含まれます。また7号、8号は遊技場営業と定義されます。次に許可を得る為の要件ですが。大きく二つの要件があります。一つは場所、もう一つは人です。風俗営業の開業は場所が限定されます。住居専用地域はもちろんの事、近くに病院や学校などの保護施設がある場合にも営業できません。保護施設からの距離や保護施設の定義などは条例によって様々な為、注意が必要です。次に人についてですが、許可の出ない人がいます。破産者や一年以上の懲役を受けて執行が終わった日から5年経過していなくてはいけないとか。無許可風俗営業や公然わいせつ、賭博や売春防止法違反、労働基準法違反等々で1年未満の懲役もしくは罰金刑に処せられ、その執行が終わって5年経過していなければいけなかったり。精神病者、薬物中毒者等々、まだまだ沢山あるのですが。要は犯罪の恐れがある場合には許可は出ないと言う事です。公安委員会管轄の風俗営業許可ですので、ハードルは高めです、準備をしっかりして許可申請する必要があります。