風俗営業許可が必要な店舗とは

風俗営業とは、お客に対してお金を使わせることを中心にして遊興や飲食などをさせることの総称であり、公安委員会の許可や届け出が必要な営業のことを示します。この許可が全部で8号に分類されておりそれぞれに応じて許可が必要になります。1号営業はキャバレー等など客にダンスをさせて、客の接待や飲食をする営業で今ではあまり見られないようなものになりました。2号営業は待合い、料理店、カフェなどの設備を設けて、客に遊興または飲食をさせる営業です。


キャバクラなどがこの条件に当てはまってきます。また場合によっては、メイド喫茶もこの条件に当てはまる可能性があります。3号営業は。ナイトクラブ、ディスコなどの客にダンスをすることを目的として飲食をさせる営業です。女の子が客に対してサービスをする接待はできません。4号営業は、ダンスホールなどを備える設備を設けて客にダンスをさせる営業。こちらも客に対するサービスはできません。5号営業は低照度飲食店と呼ばれるもので客席における照度を10ルクス以下にいて喫茶店やバー、居酒屋などを営業するときにあてはまります。6号営業店は、区画席飲食店と呼ばれるもので、他から見通すことが困難な席配置で広さが5平方メートル以下の客席を設けて喫茶店やバー、飲食店を営業するときに当てはまります。7号営業は、マージャンやパチンコ、スロットなどの設備を設けて客に射幸心をあおるおそれのある遊技をさせる店舗8号営業は、ゲームセンターやゲーム喫茶、スロットマシンなどを本来と違う用途や本来と違う基盤を利用して射幸心をあおるような機器を備える店舗にする場合です。


このように風俗営業許可は8つに分けられていて、それぞれに許可が必要にないます。またこれ以外にも風俗営業許可を得るためには3つの条件を満たさなければいけません。これは人的要件、構造物的要件、そして場所的な基準です。特に風俗営業許可において場所の問題は非常に厳しく、学校や病院などの保護地区からは100mないし50mの距離を離さなければならないなどの基準があります。開設する店舗も風俗許可営業に当てはまるかどうか微妙なラインのものもあります。特に「接待」に関しては近年、メイド喫茶や耳かき喫茶など接待に当たるのか当たらないのか線引きの難しい部分も出てきました。そこで風俗営業許可申請を出したいという人はきちんと専門家の元でチェックしてもらうのがよいでしょう。