パチンコ店の風俗営業許可にかかる手数料

パチンコ店は風俗営業というものになっています。20歳以上でなければギャンブルというものはできません。また、お金をかけて景品を得ていくというような内容になっているのです。ですので、そうういった意味からパチンコは風俗的な営業であると何となく感じていた方もいるでしょう。そのパチンコ店ですが、風俗となっていますので許可が必要になります。風俗営業許可というものを取得していくことが必要なのです。ただし、単に許可を頂くというわけにはいきません。


その風俗営業許可をいただくには手数料というものがかかってくるのです。その手数料を支払っていかなければいけないというわけです。では、パチンコ店による風俗営業許可にかかる手数料についてなのですが、まずは27000円ということを覚えておいてください。同時申請をするようなケースもあるかもしれません。そのような場合は2件目からは少し安い手数料が適応されます。その金額ですが、27000円から9300円を減額した額となっています。ですので、同時申請の2件目は17700円の手数料となります。また、パチンコ店の許可申請でもう一つみていくべき手数料としては、期間限定の営業です。3カ月以内ということでありましたら、16000円の手数料ですみます。そういったものも覚えておかれると良いでしょう。さまざまな店舗が風俗店と判断をされています。


あまりイメージになかったような店舗でありましても、風俗と判断されるようなこともあるのです。それは大きなものになってくるといえるでしょう。風俗店だと思わないで営業をしまして、のちに許可がとれていないと発覚しましたら、それは店舗としまして大きなマイナスになってしまうことでしょう。では様々な店舗と風俗営業許可ということですが、キャバレーがあります。またゲームセンターやマージャン店があります。そして飲食店や料理店もあります。風俗店と想像していなかったものも上記には含まれてくるでしょう。そこでそのさまざまな風俗扱いの店舗なのですが、注目していかなければいけないのが手数料です。許可を受けるためには手数料も必要なのです。許可を申請して許可をただいただくというわけにはいきません。お金がかかると思ってください。上記した店舗の場合につきましては、一律で27000円です。おおきな金額と言えませんが安い金額でもありません。風俗営業許可にはその程度のお金がかかってくるというわけなのです。そして上記した店舗につきまして一時的な開業をする場合もあるでしょう。期間限定のケースです。そういった場合に安い手数料が適応されます。3カ月以内の営業に限り15000円という手数料になります。覚えておかれると便利でしょう。