交通事故慰謝料の相場の算定方法

交通事故とは交通機関に関する事故のことです。基本的には自動車、自転車、歩行者な間に起きた道路交通事故のことをさします。交通事故にの当事者である、加害者、被害者の間かわされるのが慰謝料です。慰謝料とは精神的苦痛による損害賠償のためのお金です。精神的苦痛の中に身体、名誉、財産などがあります。被害者側が自由に決めても良いが、双方での話し合いが進みません。そのためにある程度、定額化されています。①自賠責保険の基準②任意保険の基準③裁判基準①②③の相場が慰謝料の基準になります。①から順に金額が高くなります。①の自賠責保険の基準を1とする②の任意保険の基準が1.5倍、③の裁判基準では2倍になります。自賠責保険と任意保険の差はあまりないといわれています。それぞれ計算式が存在します。交通事故の被害にあったとき、これら基準の計算式があるというのを知っているとよいのかもしれません。

交通事故、慰謝料の相場について

私は昨年、交通事故にあいました。原因は相手方の前方不注意による追突事故でした。自分は何ひとつ落ち度はありませんでした。捻挫と擦過傷ですみましたが、その後しばらく運転するのが怖くて、事故の恐怖心から抜け出せませんでした。事故の慰謝料は、身体の傷だけではなく心に負った傷をお金で解決する、そういった方法であると私は考えております。慰謝料の相場、それは保険会社が話し合いの上決定し、解決します。事故に対しての知識も経験もなかった私は、保険会社にすべてを委ねました。その結果、その場は納得した数字の慰謝料をいただけました。しかし一年以上たった今でも、その当時の状況がフィードバックして蘇り、運転することに恐怖を感じる時があります。慰謝料は相場だったと思います。しかし、相場って何でしょう…。心に負った傷は一生消えることなく、その代償をお金に変えることは決してできないということを、今回の事故から学びました。

交通事故でおこる慰謝料の相場の面倒

2ヶ月ほど前、私は交通事故にあいました。学校への登校中のことでした、私は自転車で相手は車でしたが、わたしはイヤホンをしていましたので、9:1で私が悪かったです。相手は怪我をしていなかったのに慰謝料を請求してきました、相場が何日か続き、修理代だけを払うことになりました。わたしは怪我もしましたし、制服もぼろぼろだったのにイヤホンをしていたせいで慰謝料をもらう権利をすべて失いました。のちのちしらべたところ、慰謝料をもらう権利が全てなくなる法律がほかにもありました、例えば、重い荷物をかごの中に入れて運転したり、傘差し運転、片手運転、15歳未満でヘルメットしていなければ、慰謝料をもらう権利を失います。万が一交通事故した時のために守っておいた良いと思います、しかし、今は法律がかわり自分が怪我をしても以前のようにもらうのはむずかしいとおもいます

当事務所は交通事故を専門に取り扱っておりますが、法律相談会では紛争解決に関する専門家の意見を無料で聞くことができます。 もしも交通事故にあってしまった時、弁護士に依頼すれば保険会社との交渉をスムーズに行えます。 当事務所は、交通事故案件ばかりを扱っておりますので、交通事故の被害者の方々が適正な示談金を獲得することに貢献してきた実績があります。 関東近県以外の都道府県も出張対応いたします。 交通事故の慰謝料の相場のことなら中村・橋本法律事務所へ。